お問い合わせに英語メール(スパム)がくる時の対策【reCAPTCHA】

ユーザーさん

お問い合わせフォームから謎の英語のメールがたくさん来るようになってしまってなんかこわい…!

こんにちは、ナカニシ(@KMystage)です。

ワードプレスで作成したホームページにお問い合わせフォームを設置してから、英語のメールがやたら来るようになってしまったってことはありませんか?

主に広告屋さんなどの営業メールだったりするんですけど、英語だし何書いているかイマイチわからないしちょっと不安になりますよね…。

今回は、Contact form 7使用の際に来る英語のスパムメール対策を紹介していきます。

英語のメールの中に記載されているURLなどはウィルス感染などの危険性もありますので、絶対にクリックしないようにしてくださいね。

目次

お問い合わせフォームからくる英語のスパムメール対策にreCAPTCHAを導入しよう

ワードプレスのお問い合わせページを作成する際に、お問い合わせフォームをページに埋め込むことができるプラグイン「Contact form 7」を導入している方も多いと思います。

ナカニシキョウ

私がおこなっているワードプレスの立ち上げ講座でも導入をおすすめしています。

Contact form 7」はとても使い勝手の良いプラグインですが、スパムメールが来てしまうのが悩みの種でした。

このスパムメールにはGoogleが提供しているサービス「reCAPTCHA(v3)を使用して対策していくことができますよ!

設定方法を紹介していきます!

reCAPTCHAとサイトを連携させる「キー」を取得する

まずはGoogle reCAPTCHA のページに行き、ご自身のサイトとreCAPTCHAを連携させるためのキーを取得します。

下記からreCAPTCHAのページに飛ぶことができます。

reCAPTCHA

ヘッダー部分にある「v3 Admin Console」をクリックします。

(Googleにログインしていないと、ログインを求められます。)

recaptchaのトップ画面

下記の項目を入力していきます。

  • ラベル:サイト名やドメイン名(○○.com)など、わかりやすい名前をつけましょう。
  • reCAPTCHA タイプv3を選択しましょう。
  • ドメイン:○○.comなど、ご自身のサイトのドメイン名を入力します。
  • チェックをオンreCAPTCHA 利用条件に同意するにチェックを入れます。
  • チェックをオンアラートをオーナーに送信するのチェックはオンのままでOK

送信ボタンをクリック

reCAPTCHAの設定画面

サイトキーシークレットキーが表示されるので、それぞれコピーしていきましょう。

メモ帳などに貼り付けておくと便利です^^

reCAPTCHAのサイトキーとシークレットキーを取得

ワードプレスとreCAPTCHAを連携させる

ワードプレスの管理画面に移動し、

ダッシュボード】>【お問い合わせ】>【インテグレーション】をクリックします。

管理画面からインテグレーションへ

「reCAPTCHA」の項目の中にある【インテグレーションのセットアップ】をクリックします。

インテグレーション

コピーしておいたサイトキーシークレットキーを貼り付けて、【変更を保存】をクリックします。

サイトキーとシークレットキーを入力

reCAPTCHAはこのサイト上で有効化されています。』と表示されていればOKです。

reCAPTCHAはこのサイト上で有効化されています。

「サイトを表示」してみると、画面の右下にreCAPTCHAのマークが表示できているのを確認できます。

画面の右下にreCAPTCHAのマーク

おわりに

お問い合わせフォームから来る英語メールの対処に困ったら、ひとまず上記の方法を試してみてください。

reCAPTCHAを設定したからと言ってすべてのスパムメールが完全に来なくなるわけではありませんが、かなり少なくなるはずです。

reCAPTCHAを設定してもなおスパムメールがいっぱいくる場合は、アクセス元のIPアドレスに制限をかけたりする方法もあるので、是非調べてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になりましたら是非シェアしてください!

―さらにじっくりワードプレスを使いこなせるようになるために―

  • ガッツリマンツーマンサポートでサイト作成を進める!
  • わからないことは気軽にチャットで相談できる!
  • 定期的にワードプレスと向き合う時間を確保する!

知識ゼロからでもワードプレスを使いこなして、自分のホームページを想い通りに作り込めるようになる!
3カ月~12カ月、じっくりワードプレスに取り組む時間を作り習得を早めて
一人でも自由自在に発信できるようになりたいあなたへ。

ワードプレスHP創育コース

この記事を書いた人

ブログトレーナー
劇場プロデューサー⇒ECサイトのWEBディレクターを経て、ワードプレスの立ち上げサポートや使い方のマンツーマンレッスン、サイト作成をしています。「サービスを自分の手で発信する力を」身に付けてビジネスをわくわくするものにして生きましょう^^

コメント

コメントする

目次
閉じる